宮城県丸森町の食と文化を伝えるオンラインショップ
MARUPHORIA「マルフォリア」です。

トップ
 > NEWS一覧
 > えごまを活用した美味しい担々麺レシピのご紹介
NEWS
トピックス
2020.9.23

えごまを活用した美味しい担々麺レシピのご紹介

えごま担々麺

今年も夏が過ぎ穏やかな風が吹いてきました。もうすぐ木々も徐々に色褪せきれいな紅葉が楽しみな季節になりましたね。丸森ではきたる冬に備え、栄養満点な食材を取り揃えています。中でも今回紹介するのは丸森で栽培・収穫をした【えごまペースト】と【焙煎えごまオイル】です。
丸森でも収穫時期に入っている【えごま】は近年注目されているα‐リノレン酸が豊富に含まれた奇跡の食材です!   楽しく元気な生活を支える健康な体つくりの参考にしてみてください。
本日は【えごまペースト】と【焙煎えごまオイル】を使った美味しいレシピをご紹介します!

  

1人前レシピ

<材料>
[肉味噌]
・豚ひき肉:100g
(A)・生姜:1かけ
(A)・ニンニク:1かけ
(A)・甜麺醤:大さじ1
(A)・えごまペースト:小さじ2
(A)・オイスターソース:大さじ1

  [スープ]
・肉味噌:1/2
(B)・牛乳:150ml
(B)・水:150ml
(B)・中華調味料(ウェイパーや創味シャンタン等):小さじ2
(B)・豆板醤:小さじ2
(B)・えごまペースト:大さじ1  

[特製えごまラー油]
・赤パプリカ:1/2
・赤唐辛子:3本
・焙煎えごまオイル:大さじ2・1/2
・酢:小さじ1

[具材]
・肉味噌 : 1/2
・白髪ネギ :適量
・糸唐辛子:適量
・チンゲン菜:2枚
・黒胡椒・花椒:適量
・特製えごまラー油:適量
・米麺:1人前量※ほかの麺でも代用できます

<作りかた>
①まずは、特製えごまラー油を作ります。 赤パプリカをグリルして表面が焦げたら、すぐに流水につけ皮をむきます。そのあと、赤唐辛子の種をとります。
赤パプリカと唐辛子、焙煎えごまオイル、酢をいれミキサーにかければ、特製えごまラー油の完成です。
※えごまオイルは加熱しすぎると栄養素が失われてしまうため、ラー油は加熱せず作っています。

②次に肉味噌を作ります。フライパンに豚ひき肉をいれて炒めていきます。ひき肉から油が出てきたら(A)の材料をすべていれ、調味料がなじみ香ばしくなるまで炒めたら、完成です。

③肉味噌をフライパンから半分出します。そこへ、(B)をすべていれ沸騰後、弱火にしたらスープの完成です。

④麺を茹でます。米麺がもちもちして食感もよくとても相性が良いです。

⑤器にスープ→麺→具材→の順に盛り付けて出来上がり!

えごま担々麺

   

えごまペーストとえごまオイル

えごま商品

きれいな水と緑に囲まれた宮城県丸森町は、古くからえごま栽培が盛んな町です。えごまは食べると10年長生きするという意味から、「じゅうねん」という愛称で食べられてきた伝統的な食品です。 こちらの商品は、農薬・添加物不使用で丁寧に作られているので、安心して食べていただけます。